"Corduroy" and "Wool Flannel" Tucked PK L/S Shirts

"Corduroy" and "Wool Flannel" Tucked PK L/S Shirts

昨日に引き続き新作テントシリーズの後編。
今日は新たに作られたシャツ2型のご紹介です。

【New Arrival】
Tucked PK L/S Shirt



Tucked PK L/S Shirt(Corduroy)
Col : Pink Beige,Dark Navy
Price : ¥20,900(tax included)

Tucked PK L/S Shirt(Wool)
Col : Gray,Dark Navy
Price : ¥27,500(tax included)

以前からブログを読んでくれている方は恐らくこちらの形のシャツは見たことあるはずです。

そうです。今年の2021春夏のテントシリーズ発売時に作られたTucked PK L/S Shirt大好評だったため今回秋冬仕様に生地をCorduroyとWoolへアップデートして作られております。

形やディテールに関しては、他にもご紹介したいことがたくさんあるので割愛させていただきます。(こちらのブログで2021春夏のTucked PK L/S Shirtのディテールなどについてご紹介しています。)

今回は秋冬仕様へアップデートされたそれぞれの生地について詳しく書いていきます。

Tucked PK L/S Shirt(Corduroy)

Corduroy生地では、Dark NavyとPink Beigeの2色を採用。

細い畝のコーデュロイは、艶・光沢感を生み出して上品な表情です。

この上品な細畝のコーデュロイを毛羽立たせてエアータンブラー加工を施すことで、生地の繊維を揉みほぐしてふっくらとした柔らかな風合いに仕上がりました。この自然なふっくらとした風合いは、薄手のコーデュロイ生地に温かみをプラスして着心地の良さと保温性の両方を備えています。

生地表面を起毛させることで、光の当たり方によっては白い艶が感じられます。
この艶がネイビーのダークトーンを軽くしてくれるので、全体的に重くなりがちな冬の装いを軽くしてくれます。

このスタイリングがとてもカッコいいと思いました。
全体的に土臭いアースカラーのスタイリングですが、薄い生地のコーデュロイを採用しているので、シャツ生地のシワの入り方、空気のはらみ方など、動きが見えて軽さを感じます。そして、光沢感のある細畝コーデュロイはむしろ上品な印象。

ガシガシ着こむことでアタリが出てくる生地なので、表情の変化も長くにわたり楽しめそうです。

Tucked PK L/S Shirt(Wool)


続いてウール生地。
使用しているウールは世界に誇れる尾州産のモノ。

尾州は、木曽川流域の自然に囲まれた環境のため昔から織物の生産が盛んにおこなわれてきた土地で、1000年以上昔の奈良時代には既に織物の生産が行われていた形跡があったそうです。

そんな、歴史ある土壌で歴史と共に進化してきたウールを使用して作られた1着。

そんな尾州産のウールですが、通常よりもタテ糸の本数を増やして高密度に織られたハイカウントフラノ生地で織り上げております。

高密度に織られたウール生地は、適度な光沢感とハリ感を持ち合わせて肌触り良く仕上げられています。

ミリタリーライクなシャツですが、衿と袖部分に芯が入っていてメリハリ効いててコーデュロイ生地よりも更に上品な雰囲気。
ですが、長く着用していくことでウールが毛羽立ってきて少しづつ粗野な無骨な表情に変化していきそうです。

コーデュロイもウールもシャツとして1枚で着用しても良いですが、インナーにシャツを合わせてアウターとして着用出来たりとスタイリングの幅を広げてくれるアイテムです。

どっちも良くて選べません。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3