【New Arrival】復刻 Vintage TENT Pants&新作テントシリーズ販売開始 前編

再入荷と新作テントパンツ

【New Arrival】復刻 Vintage TENT Pants&新作テントシリーズ販売開始 前編

こんにちは、長谷川です。

皆様…お待たせしました。
多くのお客様よりご要望いただいておりました、ポーランド軍のデットストックのミリタリーテントを解体・再構築したKUON名作のテントパンツが復刻しました。

更に、ポーランド軍のVintage TENT Pants発売に合わせて、新たにテントシリーズとしてシャツ2型とパンツ1型もローンチ。

それでは、早速テントシリーズのアイテムについてご紹介していきます。
今回は前編と後編に分けてお届けします。

【復刻】
Poland Army Vintage Tent Cloth Wide Pants

Poland Army Vintage Tent Cloth Wide Pants

Poland Army Vintage Tent Cloth Wide Pants
Col. Olive
Price. ¥38,500(tax included)

今年3月の発売時は即完売してしまったため、買い逃してしまったお客様はこの機会に是非!!
というのも、ヨーロッパ物のデットストックテントは近年枯渇状態となっているので入手が非常に困難です。

貴重で入手が困難故に、今回からポーランド軍デットストックテントパンツの価格を上げざるを得なくなりました。

ほんとに貴重なアイテムです…迷っている方はお早めに!!

ちなみにネイビーのビンテージテントはなくなりました。

Poland Army Vintage Tent Cloth Wide Pants

デッドストック生地故の風合い・無骨さは男心くすぐられること間違いないアイテム。
テントを解体・再構築ならではのディテール(生地の切り替えやステンシル)もデザインとしてとても面白い。

『そして、美しいサイドライン。』

ただ、デットストックテント生地を使用しただけのパンツではない、デザイナー石橋さんの経験とスキルが詰め込まれたパターンワークがあってこその1着です。

ワイドパンツの美しいシルエットは店頭でも多くのお客様に共感いただいております。

Poland Army Vintage Tent Cloth Wide Pantsにつきましては、こちらのブログでもご紹介しておりますのでチェックしていただければと思います。

【新作】
Tent Cloth Wide Pants

Tent Cloth Wide Pants



Tent Cloth Wide Pants
Col. Olive,Navy
Price. ¥24,200(tax included)

初めにも書きましたが、ヨーロッパ物のデッドストックテントが手に入らない状況になってきました。そして、今後更に希少価値も上がり、価格も高騰してくるようです。

とは言え、KUONの多くのお客様から共感していただいているパンツを『生地がないからやめる』とか、『市場の価格に併せて販売価格もどんどん上げる』とかそういう貧しい考えをせずに…

『手に入らないなら作っちゃおうよ!』ってところからデザイナーの石橋さんがデッドストックテントパンツにとても近い風合いや無骨さが表現されている生地を見つけてきました。

デザイナーから共感してくれているお客様への想いが今回のモノつくりの背景にはあります。

ですが、ビンテージテントパンツのように『過去から今への流れが付加価値としてプラスされたモノ』と比べると生地の深みや雰囲気は少し見劣りしてしまうかもしれません。

自分で深み・渋みを出していくパンツ

Tent Cloth Wide Pants

今回新たに作られたテントパンツの生地へは、密度がしっかりと詰まった重厚感のあるウェザークロスが採用されました。ウェザーという名前の通り天候を意味しており、丈夫で防水性もあります。
また、軍用に開発された経緯もあって、開発当初はミリタリーコートなどでも活用されていた生地です。

このウェザークロスへ蝋をしみこませたパラフィン加工が施されているので、元々防水性のあるウェザークロスの防水性が更に高められております。濡れた箇所や汚れはサッとふき取るだけでも綺麗になるので気を遣わずガシガシ穿ける一着です。

パラフィン加工によって防水性や生地の丈夫さを高めておりますが、この加工で個人的に一番魅力を感じたのは『自分で深み・渋みを出していく』ってところ!!

この加工が施されることで、穿き込むと深み・渋みが徐々に出てきます。
更に、生地の折り目やシワなどにはチョークでひっかいたような筋が現れます。チョークマークはその人の穿き方や生活のあり方などによって、それぞれ異なる箇所に現れるのでオリジナル性もあって楽しく育てていけるパンツです。

先ほど、ビンテージテントパンツと見比べると見劣りしてしまうと書きましたが、『自らの生活のあり方で、深みやデザインを表現できるモノ』。
是非、愛着もって育てていただきたい1着。

シンプルなアイテムだからこそこだわったパターンワーク

Tent Cloth Wide Pants

フロント部分にインバーテッドプリーツが施されたワイドパンツはしなやかな美しいフォルムを演出。

ヒップまわりにはゆとりがあるにもかかわらず、スッキリと見えるバックスタイル。
そして、サイドシルエットは上から下へ流れるように美しく設計されています。

シンプルなKUON定番のワイドパンツだからこそ美しいシルエットになるように細部にまでこだわりが詰め込まれています。

Tent Cloth Wide Pants

最後に裾口を見て下さい。

後ろ裾口に入ったジグザグのステッチは、ほつれやすい裾口の強度を上げてくれるとともに、構築的なシルエットになるためにも一役買っています。

デザイン性と機能性両方を突き詰めた結果のディテールにはくすぐられるはずです。

前編はここまでになります。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3