"Store Recommendation" Outerwear Vol.2

"Store Recommendation" Outerwear Vol.2

先日のMA-1のブログで触れたように、店頭から少しフォーマルなアウターをご紹介します。
CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/ SAKIORICASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/ SAKIORI
CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/ SAKIORI


KUONの洋服のひとつの特徴はカジュアルとエレガントの共存。こちらの記事でもエピソードが披露されていますが、デザイナーの石橋はテーラーでの経験から上品な仕立てを熟知しており、 またkolorでの経験からカジュアルな表現にも精通しています。

このコートのようにドレッシーなイテムの場合は単純に簡略化してカジュアルさを出すのではなく、各部にカジュアルな仕様やリラックス感あるパターンを取り入れて、絶妙なバランスを生み出しています。写真を交えながらご紹介していきます。

まず、説明不要のカジュアルダウンポイントは、裏地と腰ベルトに採用した裂織。


SAKIORI waist belt


ベルトにはリアルな裂織を採用したのに対し、裏地には滑りの良いポリエステルプリントを採用。

SAKIORI Lining

風で煽られたとき、脱いだときにだけ見える「裏勝り」のデザイン。

古くは火消し半纏の派手な裏地から、

近い年代では学生服の裏地のカスタムや裏ボタンのように、脈々と受け継がれる日本独自の伝統的なおしゃれ手法です。(学ランの裏地や裏ボタンについて知らない人はググってくださいね。)

Cashmere Chesterfield Coat w/SAKIORI

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI
柔らかく、軽く、着やすく仕立てるために毛芯は入っていません。 スーツの上から着用するコートは毛芯入りの構築的な胸周りが格好良いですが、カジュアルなスタイルにはこちらが正解。

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI
肩周りはシルエット構築のための裄綿のみで、肩パットはなし。裄綿にも共地をバイアスカットしたものを使用し、KUON独特の丸みのあるナチュラルなショルダーラインを構築しています。


CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI
毛芯を入れず軽く仕立てられたコート・ジャケットは着やすい反面、襟やラペルがへたりやすいというデメリットがあります。
長く着用していくと、ラペルがペタっとしてしまうアレです。
これを解消するため、返り線の部分の伸び止めテープを見返し部分に叩きつけ、毛芯仕立てのようにコシのあるしっかりしたラペルの返りを実現しています。

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI
また、カジュアルさを出すためにゴージは少し低めに設定しています。


CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI
袖口部分などの角の始末は額縁仕立てで、しっかりと角が出ています。ポイントとなるディテールはテーラーの手法で仕上げ、上品さも残しています。

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI

裏地の柄を不自然に切らないように見返しに対して斜めに入れた内ポケット、手が入れやすくなり機能性も向上しています。

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/SAKIORI

シルエットはシェイプのきついブリティッシュスタイルではなく、リラックス感を演出するボックスシルエット。ダーツ、裾のフレアも殆どなく、60年台アメリカのサックコートを長くしたようなイメージです。

ファッションは見た目の格好良さがもちろん大事ですが、感覚では伝わりづらい部分、造り手のこだわりを今後も少しずつお伝えできればと思います。

CASHMERE BLEND Chesterfield Coat w/ SAKIORI

Go to the product page

Get in touch with us at twitter, Instagram and YouTube!

ブログに戻る
1 3