Staff styling: 【T-shirts】

Staff styling: 【T-shirts】

こんにちは、長谷川です。

T-シャツを店頭に出し始めたので、スタイリングを紹介していきます。

そろそろT-シャツ1枚で、出かけられる季節になってきました。

正直、T-シャツ1枚着て出かけるのは楽なんだけど、毎年この時期は夏の後半になると、「T-シャツ飽きたー」って言っているのを思い出します。

確かに自宅のクローゼットが無地Teeばかりなので、飽きる理由も想像がつきました。

そんなことを思いながらストックに眠っていたT-シャツを店頭に出していたところ、細部までこだわったデザインのT-シャツ達を発見。


今は「今年の夏はどのT-シャツを買おうかな」とワクワクしてます。


それでは、スタイリングをご覧ください。


ハット:BORO Bucket Hat(White) ※オンラインストア掲載無し・店頭在庫有り

T-シャツ:Box SAKIORI T-Shirt(White)

ショーツ:BORO Wide Shorts(White)

坂梨さんのオールホワイトスタイリング。

ハットとショーツがホワイトボロで、T-シャツの胸元にホワイトボックスの裂織りが施されています。

胸元にさりげなく施されたボックス裂織りが、さりげない主張なんだけど存在感もちゃんとある。

裂織りをただ縫い付けるだけでなく、ワッペンにすることで浮かび上がらずにボディと馴染むように設計。

裂織りには勝手にボーダーとかストライプをイメージしていたので、無地の裂織りに新鮮味を感じます。

T-シャツ:CAP Sleeve Wrinkled T-Shirt

ショーツ:BORO Wide Shorts(Black) ※オンラインストア掲載無し・店頭在庫有り

今度は大塚さん。坂梨さんとは対照的なオールブラックのスタイリングを組んでもらいました。

アクセサリーはお気に入りのVINTAGE BORO Device Strap。(現在完売中ですが、追加生産予定なので、少々お待ちください。)

このボディのシワ感は、糸を引っ張りながら折ることで表現。

シワ感を形状記憶させて保つために、ボディの生地にはコットンポリを使用しています。

「糸を引っ張りながら織る」このワードだけでも強いこだわりを感じますが、

夏の清涼感を感じさせてくれる、光沢のあるアセテートとドライな質感の和紙楊柳が縫い合わされています。

コットンポリの伸縮性ある生地に、アセテートや和紙の伸縮性がない生地を縫い合わせるのは高度なテクニックが必要だったみたいです。

更に、キャップスリーブを採用。

接ぎのある普通のT-シャツよりも裁断効率は悪い。

が、肩回りが丸く見えるようにこだわられています。

昔ながらの日本人が好む、手間がかかるけどこだわりたい。

という気持ちがここにも。

無地Teeをここまでデザイン性の高いものにできているのは流石すぎます。


デザイナーの石橋さんから服つくりの話を聞いて、私もすごく欲しくなりました。


T-シャツ:SAKIORI Taped Pocket T-Shirt

パンツ:SALT SHRUNK NYLON Track Pants w/FLORAL BORO TRIM

3スタイリング目も大塚さんです。

白のボディに胸ポケットの清涼感あるボーダーが爽やかでインパクトを感じられます。

寄りで見ると伝わったと思いますが、胸ポケットの清涼感あるボーダーは裂織りでデザインされております。

更にポケットの周りには止水テープ。

伝統的な手作業の裂織りと現代技術の止水テープ。

現代の技術と伝統的な手作業の融合です。


ほつれを防ぐための閂止め。で強度を補填。

ポケット裏側には裏地を施しています。

細かなところまでこだわりがあって、デザイン性だけではなく、お客様が使いやすいようにとデザイナーの思いがこめられています。

T-シャツスタイリングはここまで。

まだまだスタイリング写真撮り溜めてあるので、次回ブログを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

次回はスタイリングとKUONこだわりのT-シャツ生地について書きます!!


最後に感謝させていただきたいことがあるので、ブログを通じてお伝えさせてください。

KUONチームに加わったのが今年の1月。

世の中的にコロナウイルスの影響でお店に来られるお客様も限られていて、店頭で直にお客様の声を聞ける機会も少なく、私自身「KUONのお客様はどんな方達がいるのかな?」とずっと疑問がありました。

そこで、今回メルマガ登録していただいているお客様の中からランダムに100人を選定してアンケートのご協力メールを送らせていただきました。

アンケートを送ってすぐに多くのお客様から、回答とご意見をいただけたとことてもありがたく感謝しております。

今回の皆様のご協力を活かして、今後のオンラインでの取り組みや、企画などに活かしていき、皆様と一緒に服を楽しんでいきたいと思います。


また、KUONのブランドを知ったきっかけや、直営店を知ったきっかけとして、お取引させていただいているお店からのご紹介が多かったことも知ることができました。

実際に店頭でも、KUONを取り扱っているセレクトショップさんからの紹介で遊びに来ましたという声を多く耳にします。

店頭に来ている貴重なお客様をご紹介していただけていることについても、とても感謝しております。

日々楽しくお客様と会話させていただけているのは、足を運んでくれるお客様とお店を紹介してくれている、取扱店舗様のご協力あってのことなのだと実感しました。

私はまだKUONお取扱店舗様へ足を運べていません。

落ち着いたら遊びに行くので、直接感謝を伝えさせてください。

今回はブログを通じて述べさせてもらいます。

いつもありがとうございます。

ブログに戻る
1 3