Staff Styling: Short Sleeve Shirts

Staff Styling: Short Sleeve Shirts

こんにちは、長谷川です。

コレクションの立ち上げから約3ヶ月たちましたが、SS21の半袖シャツを皆様へ紹介できていませんでした。
好評で完売しそうなシャツもあり、完売前に皆様に見てもらいたくて焦ってブログを書いております。

ということで、今回は半袖シャツの紹介です。

更に今回はKUONアトリエチームの坂梨さんにスタイリングを組んでもらいました。
いつも2階にいてなかなか店頭に立つことがないので坂梨さんのことも一緒に紹介していきます。

どんな人がKUONチームにいるのか知るのも面白いはずです。

それでは早速本題に入っていきます。

1着目はEmbellished Chest Half Sleeve ShirtパンツはCOTTON POPLIN Military Pants

生地にはファナージュコットンを採用。
天日乾燥で仕上げられた生地は、コットンの持つ素朴さなど表情豊かな仕上がり。ガシガシ洗い晒しで着用していただきたい1着です。

ドレスシャツによく見られる首回りの装飾は、バイアスカットした共地を刺繍しており立体感があります。
ドレッシーなディテールを自然とカジュアルシャツに落とし込まれており惹かれます。

一見シンプルな半袖シャツに見えますが、手間のかかったブザムのデザインや表情豊かな生地が夏のスタイリングを楽しませてくれるはずです。

休日はオフロードバイクを乗りこなし、自らバイクをいじる坂梨さん。
無骨なライフスタイルがスタイリングに表現されていて格好いいです。

それでは次行きます。

今回はシャツ3着見てもらいたいです。

2着目はFLORAL PATCHWORK Half Sleeve Shirt パンツはCOTTON POPLIN Military Pants

FLORAL PATCHWORK Half Sleeve Shirt はオンラインへ掲載してない商品にもかかわらず、店頭にて好評いただきラスト1着です。

柔らかく、さらさらとした感触で肌触りの良いインド綿の花柄パッチワークを使用。
また、シワ、色ムラ、織りムラがオリエンタルな空気を醸し出し、独特な風合いがあります。
日本の蒸し暑い気候でも空気を羽織るようにさらっと着用できる軽い生地なので、夏シーズンは是非着用していただきたい1着です。(ラスト1着ですが汗)

パターンワークも身幅、袖ぐり、袖口巾を広めに設計してあるため生地との相乗効果でリラックスした雰囲気があり、坂梨さんの放つ緩い雰囲気とマッチしています。

それではラスト。

ラストは、WASHI BONDED OPAL Pocket Half Sleeve Open Collar ShirtパンツはDENIM Wide Military Pants

ラストはオープンカラーシャツです。

木材を原料とした再生繊維で、天然繊維同様に土に還る環境に優しいエコなテンセルリヨセルを使用。

ポケット部分には障子に使用される不純物のない和紙とポリエステルオーガンジーを接着した後、オパール加工という表面の和紙の一部を溶かす加工を施すことで織物とは異なる表情を醸し出します。
SS21では桜モチーフの柄にすることで、花鳥風月らしさある1着です。

写真では伝わりにくいですが、艶のある和紙の桜柄はかなり魅力的なので是非店頭で見てもらいたいです。
もちろんメールやDMでお問い合わせいただければ何枚でもディテール写真お送りいたします。

今回たくさんスタイリング組んでいただいた坂梨さんはKUONの心臓的な人です。
生産管理からパターン、KUONの経費の管理など本当に色々任せれているので、心臓的な人と表現しました。


デザイナーやパタンナーの仕事を経験された後に、約2年半ほど前からKUONに加わりました。
石橋さんが一人でデザインからパターンまでをやっていた時代を見ていた、KUONの歴史を知る数少ない存在です。

滅多に店頭にいることはありませんが、たまに店頭の鏡でトワレのチェックなどしています。
見かけた際は話しかけて見ると面白いはずです。

最後に、、、、

情報解禁!!

"TAGS WKGPTY PRODUCTIONS×KUON" 

ゴールデンウィークにTAGS WKGPTY PRODUCTIONS×KUONの商品が発売決定となりました。

興味のある方はLOOKページにて、LOOKとムービーをご覧になれます。

次回ブログで詳細をお知らせいたします。お楽しみに。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3