Satisfaction

Satisfaction

こんにちは、長谷川です。

今週末、来週末と2週続けて2023年秋冬コレクションの入荷があります。第4弾5弾ドロップです。

KUON FALL/WINTER 2023

いつもだったら入荷アイテムの中からおすすめをご紹介、という流れ。

ですが、展示会で個人的にオーダーしていて、どうしてもご紹介したいモノがあるので今回は1点勝負です。

ちなみに、第4弾入荷アイテムは週末にオンラインストアへ公開されるので、お楽しみに。

満足できるモノに出合えなかった

キース・リチャーズのギターのあの響きが聞こえてきそうです。

いや...

『ココがこうなら良いのになぁ』とか、そんなことを思いながらも何着も買ってきました。それでも、なかなか満足できなくて…ミック・ジャガーの歌声まで聞こえてきそうです。

ザ・ローリング・ストーンズの "(I Can't Get No) Satisfaction"で、『全然満足できないよ』って言っている2人。

2人とも...『私は今年、満足できるモノに出合いました』

Best of Vests

そう、最高なベストに。

中綿のベスト、ワークベスト、フリースベストなどなど、ベストが好きで毎年様々なベストを着てきました。

気に入ってはいるけど、『もっとこうなら良いのになぁ』と満足はしていませんでした。

主な不満ポイントは、

1. アウトドア感が強すぎる

2. 襟やフードのある服の上に着ると首周りがもたつく

3. インナーとして着るとゴワつく

といったところ。

上記全てを解消するベストに出合えなくてコーディネートが制限されていました。

ですが、今年からは違います!

今年出会った最高のベストがこちら。

Reversible Vest

Reversible Vest
Reversible Vest
Color: Khaki, Black

↑の写真はBlack

 

Reversible Vest
↑こちらがKhaki

アウトドア感は?

名前の通り、ウールを混紡したボリュームあるパイルと、スポーティなオニベジナイロンの両面が楽しめるリバーシブル仕様。

この見た目なので、『アウトドア感が強すぎる』はクリアですね。

首周りのもたつきは?

Reversible Vest
トラックジャケットの上から着用しても、

Reversible Vest
フーディの上から着用しても、

首周りがもたつかない!

その秘密は…

Reversible Vest

↑このジップ上部の開きにあります。

細かいですが、こういったディテールひとつで格段に上品でシックに見える。パタンナー出身デザイナーのスキルが詰まっています。

トラックジャケットにフーディ、どちらも襟の高さや立ち方まで計算して制作されているので、そこをしっかりと活かせるのが嬉しい。

クローズアップしたついでに。

ナイロン面の襟部分は細畝のコーデュロイに切り替えられています。ナイロンだと首に当たったときにヒンヤリするから、というデザイナーの優しさが垣間見えます。

ちなみに、

Reversible Vest
シャツを合わせても、しっくり来ます。

ということで、『首周りのもたつき問題』もクリア!

残すは第三の不満ポイントのみ。

インナーに着ると?

Reversible Vest

コンパクトなショルダー、そして薄っすらと入った中綿のおかげもあり、厚すぎず薄すぎずなちょうど良い厚さ。ゴワつきなし!

ということで『不満ポイント』が全て解消された、文句無しで長谷川的ベスト・オブ・ベストに認定!

 Satisfactionリリースから約60年、キースとミックに良い報告ができました。

最後までありがとうございました。

本日ご紹介した商品はこちら。

・Reversible Vest


ブログに戻る
1 3