SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

おしゃレインコート

こんにちは、長谷川です。
今回は2022年春夏コレクションのアイテムをご紹介いたします。
去年の卸先様に向けた展示会で、初めて見たときから入荷後1番にご紹介すると決めていたほどデザイナーのこだわりとアイディアがつまったアイテムです。

それでは早速!

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat
Color: Sand
Price: ¥59,400(tax included)

撥水ナイロンを使用して作成された"KUON初のレインコート"です。
↑の写真だけでは伝わりきらないぐらいのデザイナーのこだわりとアイデアが詰まったアイテム。

まずは採用された生地について書いていきます。

"塩縮ナイロン"&"シルバーコーティング"

塩縮ナイロンとは、ナイロンの生地を特殊な溶剤につけることで生地を縮めます。更にその生地を揉みこむことで生地に凹凸を持せたナイロン生地のこと。
簡単に言うと『シワシワっとしたぬめりのあるナイロン』です。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

ナイロン生地はとにかく軽いです。ですが、凹凸とぬめりがあることで立体感と表情が出て、軽さの中に品がプラスされます。

更に、よく見ると裏地がシルバーです。デザインでシルバーにしていると思いきや、シルバーの裏地は機能的な面でも一役買っています。

"KUON初のレインコート"と冒頭で書きましたが、レインコート機能を担っています。
本来ナイロン生地は水に強いですが、裏地へ樹脂によるシルバーコーティングが施されることで、防風・防水機能・強度も高まって、デザインと機能の両面で魅力が高まっております。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

LOOKでも着用しておりますが、動きや風でなびいた時に見えるシルバーの裏地に惹かれませんか?

MIXされたコート

ステンカラーコート・モッズコート・トレンチコートすべての要素が組み込まれたオリジナルコート。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

前から見ると上品なステンカラーコート。
着丈の長さや前身ごろのゆとりから生まれる胸辺りのシワの入り方、本当に美しく設計されているのが感じられます。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

横から見るとゆとりのある袖のつくりに、タックの効いた袖、モッズコートの要素が組み込まれています。
もちろんモッズパーカー同様、中に着こめるよう全体的にゆったりとしたシルエットです。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

アンブレラヨークやインバーテッドプリーツの入った後ろ姿はトレンチコート。

『男は背中で語るもの』真ん中のボタンを外すことで、ダイナミックな動きが生まれて、雰囲気を感じます。

3種のコートの要素がバランスよくMIXされて、大人の色気を感じられる1着です。

ディテール

最後に私が気に入っているディテールをご紹介していきます。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

この背中に施されたベンチレーションはとても嬉しいです。
レインコートが活躍する6月は蒸し暑くてじめじめするので、この通気口が風通しを良くしてくれるのは本当に助かります。更に凹凸ある塩縮ナイロン生地が相まって、生地と肌が触れ合う面積が少なくべたつきません。ストレスフリーです。

SALT SHRUNK NYLON Rain Coat

襟を立てて着用することで、首周りの防寒に一役買います。
↑のコートの下はスウェットにデニムジャケットを着用していましたが、ゆとりのあるパターンなので『中に着込んで冬でも活躍するのでは?』とか考えて、1年着ようと欲張った思いも浮かんでしまいました。(おそらく冬は寒いと思います)ただ、それぐらい良いコートです。

店頭へお越しの際は先ずは袖を通してみてください。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3