ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

2022年一番良く履くパンツ

こんにちは、長谷川です。
2022年春夏コレクションがスタートしてから、レインコートフーディーとアイテムのご紹介をさせていただきましたが、実は両方とも個人的に展示会でオーダーしていたアイテム。

そして、今回も展示会でオーダーして今穿きまくっているパンツをご紹介します。

好評でサイズは限られてきました…ですが、今季新たにデザインされたパンツで、デザイナーが『閃いた』と言って制作されたパンツなので最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

それでは、早速!!

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants
Color: Walnat(クルミ) , Indigo(藍)
※オンラインストア未掲載商品です。

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants、名前の通りオニベジを使用した1着で2通りの着こなしが楽しめるタックパンツ。こだわりの込められたお得なパンツってことは伝わったはずです。

それでは、もう少しアイテムのディテールを見ていきながら、私が『2022年1番穿く』理由を書いていきます。

バキバキにならない軽い生地

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

オニベジについては、こちらや過去にご紹介したブログで細かく書いているのでオニベジについて興味のある方は見てみてください。

パンツの生地にはナイロンを採用しており、暖かみのあるネイビーは天然の藍染で染色されております。コットン生地などに天然染色を施すと、生地にハリが生まれてバキバキっとした触り心地、穿き心地になるんですが、ナイロンにオニベジを使用して藍染が施されているので、軽くて非常に楽です。

やっぱり一日中穿くものだから楽なのは重要で、朝服を選ぶときに自然と手に取る機会が増えています。

ですが、楽に穿けるってだけではありません。

緩さと美しさ

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

全体的にゆとりのあるシルエットですが、9.5分丈ぐらいの丈の長さに、緩やかに施されたテーパード。程よい緩さの中に美しさの一面も垣間見れます。

また、足とパンツの生地の間には空間が設けられたパターンワークが施されているため、夏場に着用してもパンツの生地と汗でべたつく心配もありません。(細かいですがこういった所にも、デザイナーの穿いていただく人への思いやりが感じられます。)

1年活躍するパンツ。
間違いなく2022年1番穿きます。

1番惹かれたところ

ここまで生地のことやシルエット、暖かみ感じられる天然染色について書いてきましたが、私が1番惹かれたところは『2-Way Tuck』。
皆さま恐らく『2-Way Tuckとは?』と思っているかと…

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants
ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

ボタンのかける位置によって、インタック、アウトタックとタックの入れ方を変えることが出来るパンツです。
面白いデザインだと思いませんか?

更に、アウトタックにするとスッキリとしたシルエット。インタックにすると腰辺りに丸みが出るシルエットになります。ここが2-Way Tuckの秘密です。1着で2着分楽しめます。

袴や折り紙からインスピレーションを受けたデザイナーの閃きから制作されたパンツなので、KUONチームでは『袴パンツ』と呼んでいます。

最後に袴パンツが生まれる過程の写真が1枚だけあったのでご紹介します。

制作過程

2022年春夏コレクションのテーマ"Color of Light"でもあるように、視覚的要素の大部分を占める光と陰影に着目し、折りや異素材の連続性による動き、光の届き具合による奥行を用いて表現、デザインされた今季のコレクション。

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pantsもタックによって影が生まれることで、奥行きが感じられるデザインだと感じています。

ONIBEGIE 2-Way Tuck Pants

シーチングで折り(タック)を入れているところです。
こういったアトリエチームの、細かい手作業や試行錯誤を経て今店頭に並んでおります。

是非、一度試していただきたいパンツです。ご来店いただける機会があればお気軽にお試しください。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3