A new service for vintage BORO T-shirts

「100年を纏う」贅沢なTシャツ

こんにちは、長谷川です。
夏に向けて徐々に装いが軽くになってきましたね。確かに、無地Tにデニムとかシンプルでとてもカッコいいと思います。

ですが、そんな時期だからこそ、1点突破なアイテムを買いたくなりませんか?

私は夏になると高価な革靴を買ったり、ゴールドのアクセサリーを買ったり、夏用のジャケットをオーダーしたり。。。毎年1点突破しています。

夏の1点突破なお買い物は私だけかもしれませんが、贅沢でスペシャルなサービスを店頭で開催しておりますので、ご紹介いたします。

「時間を纏う」という贅沢


VINTAGE BORO Patched Tee
Color: White, Black
Price: ¥55,000(tax included)

襤褸が贅沢かつ大胆に配された定番Tシャツ。
『100年以上経過した手工芸品』で美的価値のある襤褸は複製が不可能です。襤褸は昔の日本人のモノを大事にする精神と知恵と技術、そして100年以上の時の経過が詰まっています。

今から本物の襤褸を制作するには、100年以上待たなければいけません。。。年々襤褸の価値が高まって、価格が上昇しているのも納得です。(100年待てないですもんね。。。)

そんな襤褸を使用したTシャツを制作する贅沢なサービスを開始しました。

襤褸カスタムオーダー

春夏のSIGNATUREラインの定番Tシャツですが、今シーズンは新たな試みとして、Teeシャツに取り付ける大きさ(25.5cm×25.5cm)に裁断しただけの状態で店頭に準備しております。

KUONのネットワークを駆使して日本全国から厳選したアンティークの襤褸。1枚1枚異なる表情の襤褸からお好みのものを選んでいただき、ご自身の好きな向きで縫製できるというわけです。

ベースとなるTシャツは、定番の生地と形でMからXXLまでご用意しております。

*襤褸・Tシャツともに数に限りがあります。

ちなみに上の写真のボロは既に顧客様のもとへ旅立ちましたが、1枚1枚じっくり選ぶのは私も楽しかったですし、特別な時間でした。右上の焦げ跡?みたいなところも襤褸ならではの味わいがあって素敵です。

美術館など民藝品や襤褸を展示しているところでは、近くで見たり触ったりするのことは難しいので、実際に襤褸に触れられる機会としても喜ばれています。『裏側も素敵ですね』や『こんな風になっているんですね』など新たな発見をされているお客様も多いです。

手刺し子で刺繍のような模様が入っているモノや、

色が薄くなって、生地が溶けたように破れた箇所があったり、ところどころあるシミすらも美しく感じるモノだったり、それぞれが異なる表情をもった襤褸をご用意しております。

どれにするか本当に迷うと思います。
襤褸が決まったかと思えば、私から『どの向きにしますか?』と質問されるので、そこからさらに迷うはずです。笑

贅沢な1着のために、店頭で贅沢に時間を使っていただければ幸いです。(冷たい飲み物でも飲みながら存分に迷ってください)

1点突破な贅沢なTシャツ、この機会にお試しください。

最後までありがとうございました。

ブログに戻る
1 3