BORO Shirt

BORO Shirt

「襤褸(ボロ)」とは、古くなって使い物にならなくなった織物や、古くなって破れたり、ほつれたりした服のことを指します。物が豊かになった現代とは異なり、150年前の綿織物は貴重なものでした。特に沿岸部や山間部の農民には手が出なかったため、保温性や強度を高めるために、麻の衣服に刺し子という伝統的な縫い方を施していました。現在では、青森県の津軽地方では「こぎん刺し」、八戸地方では「菱刺し」として、その技術の一部が残っています。
10mほどの布が手に入らない人たちが江戸や京都、大阪などの大都会で残布を手に入れ、縫い合わせて作業着や毛布、寝間着などを作っていました。擦り切れたり、破れたりしたものをつなぎ合わせ、刺し子の技法で生地を補強していきます。衣類は決して無駄にすることなく、リサイクルされ、下着になったり、床マットや雑巾になったりして、長い年月を経てほんの小さな欠片になる瞬間まで使われてきました。何世代にもわたって同じ服を着続けることで、BOROは家族の歴史や記憶と密接に絡み合い、何とも言えない美しさと不思議な力を帯びていきます。

襤褸は、現在のアートシーンにおいて国際的に認知されるようになってきました。ボロの持つの美しさと力強さが、抽象画の価値観で人々に評価され、BOROは英単語になりつつあります。
私達はボロの持つ歴史や背景、当時の人々の生活などに魅了されました。
KUONは、単にボロを修理するのではなく、ゼロから新しいパターンを作り、テキスタイルをバラバラに分解して再構築することで、現代のファッションへと生まれ変わらせます。

伝統的でノスタルジックな考え方にとらわれることなく、常に新しいファッションを追求し、新しい価値を創造するために挑戦しています。
BORO Shirt
ブログに戻る
1 3